ミストで快適!農業にも最適です。ビニールハウス内のお野菜を守るドライミスト | 給排水設備・空調設備・ミストシステム・水景設備・各種イベント・リフォーム・エアコンリース・レンタル|株式会社アイレス

お気軽にお問い合わせください

06-6474-3711 受付時間9:00〜18:00(土・日・祝日除く)

お問い合わせはこちら

お知らせ

お知らせ

ミストで快適!農業にも最適です。ビニールハウス内のお野菜を守るドライミスト

ミストで快適!農業にも最適です。ビニールハウス内のお野菜を守るドライミスト
ミストシステムはミスト装置でつくった微小な水の粒子(ミスト)を散布することで、従来のコンプレッサーを使った冷房装置よりもエネルギーの消費を抑えながら気化熱冷却ができます。イベント会場や工場などさまざまな場所で使われていますが、農業でもビニールハウスに導入することで農作物の品質を高められると期待されています。



なぜ、農業とミストシステムの相性が良いのかというと、農作物を育てる上で重要な温度と湿度の管理ができるからです。
夏場のビニールハウスは、外よりも熱がこもりやすく40度を超えることなど珍しくはありません。そんな高温では、実がつきにくくなったり害虫が発生したりとトラブルが頻発します。そんな調子では、収穫量が落ち込むことは目に見えています。

そこで温度を下げるために、換気をしようとしても外も暑いので十分に温度を下げることができません。
散水をすることで冷やす事もできますが、その効果は長続きせず、かなりの水道代がかかります。
他には、周囲に被覆資材を張って遮光をすることで温度を下げる方法もありますが、そうなると農作物が光合成をしにくくなるので、やはり生育に影響がでます。
冷房をつければ冷却効果が高いのですが、従来のコンプレッサーを使った冷房設備ではかなりのランニングコストがかかります。

その点、ミストシステムで使うミスト装置はわずかなエネルギーがあれば動くので、従来の冷房と比べて大幅にランニングコストを節約できます。さらに散布するのがドライミストであれば、触れても濡れないほどに水の粒子が小さいです。
ミストが触れても農作物の表面が濡れなければ雑菌が繁殖することもありませんし、作業をする人も普通の格好でいられます。
そして、遮光をせずに冷やせますから、農作物は光合成を元気に行い収穫量は増加します。



気化熱でビニールハウス内の地面と農作物の熱を奪っても、そのままでは暑い空気がこもるだけでです。
ですから、換気システムと組み合わせて強制的に暑い空気を外に排出することで、ビニールハウス全体の温度を下げることができます。

そして、温度と同様に農作物には湿度も重要な生育の条件です。というのも湿度が低すぎると、植物は光合成を行うための気孔が開かないからです。そこでミストを使い適度な湿度を保つことができれば、乾燥する季節でも適度な水準を守ることが出来ます。
このように温度管理と同時に湿度管理もできれば、手間も省けて省エネです。

一覧ページへ戻る
<< ミストシステム導入で温度が2、3℃下がるって本当?
年末年始のお知らせ >>
PAGETOP
ページトップヘ