ミストシステム導入で温度が2、3℃下がるって本当? | 給排水設備・空調設備・ミストシステム・水景設備・各種イベント・リフォーム・エアコンリース・レンタル|株式会社アイレス

お気軽にお問い合わせください

06-6474-3711 受付時間9:00〜18:00(土・日・祝日除く)

お問い合わせはこちら

レンタル取り扱い品

ミスト発生装置

ミストシステム導入で温度が2、3℃下がるって本当?

ミストシステムといえば、気化熱で体感を含めた温度が下がる効果に注目が集まります。

温度計が2~3℃下がるという話もありますが、これは本当ですし、変化があるからこそ実際に幅広く活用されています。

温度が下がる理由は簡単で、空気中に噴霧された細かいミストが周囲の熱を奪い、 気化する仕組みにあります。

また体感だと更に1~2℃低く感じられますから、 数字で確認する以上に涼しさが楽しめるでしょう。

勿論、体感のみの涼しさではないので、 有効な熱中症対策としてミストシステムを導入することができます。

 

気化熱を利用する都合上、 空気中の水分が多いと涼しくなりにくいですが、水が細かいドライミストなら心配無用です。

名前のようにドライで、肌に触れても湿り気を感じないほどですから、直ぐに乾いてしまいます。

つまり、湿度を上げるくらいの水分量ではなく、多少湿度が高い環境であっても、 短期間で周囲の熱を奪って蒸発するわけです。

イメージ的には滝の飛沫に近く、 もっと飛沫の大きさが小さくなったものがミストシステムのミストです。

滝に近づくと涼しさを感じますが、 これがまさに気化熱による温度の低下です。

このような環境であれば、 水分補給に問題がなければほぼ熱中症の心配はないですし、休憩スポットとして理想的だといえます。

ミストシステムは、屋内外に設置できる滝の飛沫のような効果をもたらす仕組みで、 熱中症対策に役立てることができます。

夏場になると路面に水を撒く打ち水をしますが、 水が乾くまでの間に涼しさが感じられます。

ただ、打ち水は効果が一時的なので、短時間で体感温度は元に戻りますし、 今度は逆に気化した水分が湿度を上げてジメジメさせます。

打ち水のデメリットは水を撒く手間と時間経過後の副作用で、 特に夏場の平均湿度が高い現代の日本において打ち水は微妙です。

その点、ミストシステムは水が非常に細かいので、打ち水に見られるデメリットはなく、 長時間涼しさが続きます。

ミストは自動で連続的に噴霧可能ですから、手動で水を撒く手間から解放されます。

熱中症対策は体内の水分を常時補給すること、体温が上がらないように冷房や空調設備を使い、 汗が乾く湿度を保つのが基本です。

この内ミストは体温の上昇防止に有効で、 汗の乾燥を妨げることのない熱中症対策が実現します。 2~3℃下がるだけでも体感ではかなり違いますし、 熱中症のリスクを減らせますから、夏場に気温が上がる場所における熱中症対策として導入を検討する価値があります。

一覧ページへ戻る
<< ミストシステムで商売がうまくいくって本当?
ミストで快適!農業にも最適です。ビニールハウス内のお野菜を守るドライミスト >>
PAGETOP
ページトップヘ