大阪・東京の店舗の解体なら株式会社アイレスへ | 給排水設備・空調設備・ミストシステム・水景設備・各種イベント・リフォーム・エアコンリース・レンタル|株式会社アイレス

お気軽にお問い合わせください

06-6474-3711 受付時間9:00〜18:00(土・日・祝日除く)

お問い合わせはこちら

お知らせ

NO-IMAGE
お知らせ

大阪・東京の店舗の解体なら株式会社アイレスへ

解体工事と聞けば大型トラックや重機が運びこまれるイメージがあります。 ビルや大型店などは大掛かりな作業が必要になりますが一般的な家屋や飲食店などの個人店舗の解体工事は実はそこまで大掛かりな作業は必要としません。 今回は個人店や一般的な家屋の解体工事について一般的な流れをお伝えします。 ※建物の状況により多少の差は出てきます。 最初に現場調査を行います 電話やインターネット上でおおよその見積り金額を提示してくる業者もいますが実際に現地をみてもらい見積りを出してください、 また、立ち合いが可能なら内覧を行い処分品なども確認してもらい正確な金額を提示してもらってください。 次に見積りをします。 現地調査を行ったあとに調査に基づき見積りをします。 金額・内容に納得していただいたあとに工事にはいります。 工事前 工事を始める前に近隣の方へ挨拶をします。 実際に解体工事を行うと多少の騒音はおきてしまうので住民の方へあいさつをします。 挨拶が済むと引込配管、配線の撤去などを行います。 解体といっても下準備として電気・ガス・水道など撤去する必要があります。 これらの手配が終わるといよいよ工事に入ります。 まずは足場の養生を組み立てます。 その際、防音シートや防炎シートをかけて騒音やホコリを防ぎます。 近隣の方のご迷惑を最小限にするためでもあります。 いよいよ建物の内部・建物の本体の解体に入ります。 内部の解体は手作業で撤去できるものから着手していきます。 床・断熱材・建具・住宅設備機器・石膏ボード、不要品などなどです。 内部解体が終わると建物本体の解体に入ります。 壁・屋根・柱など残ったものを解体し基礎を掘り起こして解体を行います。 この時に埃などが飛ばないように水をまきながら作業することで埃が舞うのを防ぎます。 解体が終わると廃材の分別作業を行います。 例えば木材とプラスチック・鉄などに分別していきます。 この分別作業は職人の手作業でミスがないように行います。 いよいよ終盤です。 地中の確認 解体後の廃材が地中に残っていないか地中にコンクリートがないかを確認します。 そして最後に地面を平らに整地して完了となります。 この整地は業者によって差があるので最初の見積り時に確認することをおすすめします。 全ての解体工事が終わり、立ち合いのもと問題がなければ終了となります。 いかがでしたか? 解体工事といってもただ、建物を潰すだけではなく配管の手配・工事後の分別や整地などがあります。 業者によって作業内容は大きく異なってきますので事前に確認することをおすすめします。 株式会社アイレスでは給排水設備工事・ミストシステムをはじめ電気工事などを手掛けています。 一連の流れを自社で施工できるので解体工事を行う際に必ず必要な作業を自社で一貫して行うことが可能です。 東京・大阪で解体工事の業者選びについて迷ってらっしゃる方はぜひ当社にご相談ください。 お客様の要望などを細かくお聞きした上で最善のご提案をさせていただきます。

個人店舗や一般的な家屋の解体工事について一般的な流れをお伝えします。

一覧ページへ戻る
<< 店舗の原状回復をする前に調べておきたい④つのこと
株式会社アイレスは東京エリアを中心に空調工事に数多くの実績がある会社です >>
PAGETOP
ページトップヘ